車 売却 税金 還付

MENU

車売却時の自動車税について

自動車を購入するに当たって、新車であろうが中古車であろうが付きまとうのが自動車税ですね。自動車税は排気量によっても変わりますし、車の維持費と合わせて計画していないと結構大きな出費になります。

 

まず車にまつわる税金には“自動車税”・“自動車取得税”・“重量税”の三種類が存在します。

 

自動車税は既に車に乗っている方ならば分かると思いますが、毎年請求されるもので排気量によってそれぞれ金額が異なります。通常自動車税と一言で言ったらこのことを指します。

 

自動車取得税は購入時に支払う税金で、その車の値段に対してかかります。自動車重量税は新車購入時と車検時に支払います。税金だけを見れば、中古車の購入時には自動車重量税はかからないということになりますね。

 

では逆に車売却時に支払った税金が残っていた場合、還付を受けることはできるのでしょうか。以前はそのような法律がありましたが、残念ながら現在では車売却時に税金の還付を受けることが出来るのは廃車にした時のみです。

 

したがって、まだ数ヶ月税金が残っている状態で次のオーナーが決まった場合、そのオーナーはその車の税金を払う必要がないということになります。また車買取業者はその残った税金込みの値段を提示していることになります。

 

税金を無駄にしたくない!という方は車売却の時期を計画しておいたほうが良いですね。尚、車を廃車にした場合は残りの期間を月割りで還付されますが、軽自動車だけでは1年間単位で納付の義務があるので廃車にしても還付されることはありません。