MENU

車の売却と修理

車を売却する前に、ボディーにあるキズやへこみを修理した方が良いのでしょうか?

 

当然のことながら、キズやへこみがない車の方が高値で売却できますが、必ずしも修理するべきとは言い切れません。

 

なぜかと言うと、修理にかけた費用分、買取価格に上乗せされるとは限らないのです。

 

仮に、修理前の買取価格が30万円とします。それを修理に出し8万円かかったとします。
普通に考えると、30万円に修理代8万円をプラスした38万円以上の買取金額を出して欲しいところですが、実際は38万円以下…ということもあります。

 

買取店は自社で修理工場を持っていたり、独自のルートで修理をすることが出来ます。
そのため、一般人が修理に8万円でかかるところを、買取店はもっと安価で修理することが出来るのです。

 

修理してきれいな状態で売却したいと思う方もいるかもしれませんが、まずはそのまま買取査定を受けた方が良いでしょう。

 

また、破損している部分が長期にわたり雨水にさらされると、サビたり傷んだりする原因となりますので、ビニールシートなどで保護をしておくなどの対処をすると良いでしょう。