車 下取り 買取

MENU

車買取と車下取りの違い

車を売却する方法として、買取りと下取りがあります。似たような言葉なので、違いを知らない方もいるでしょう。

 

買取りとは?

「現在所有している車を売り、現金化すること」です。次の車は関係なく、単純に「車を売却するのみ」です。

 

現金として手元に入るので、次車が未定の方や、今後は車を所有する予定がない方、手元にお金が欲しい方に合っています。

 

買取りの場合、売却先は中古車買取り専門業者となります。具体例を挙げるとすれば、ガリバーやカーチス、アップルなどです。

 

ほとんどの買取店では買い取った中古車をオークションへ出したりしています。そのため、買取り価格はオークションでも相場を元に算出します。

 

また査定の際、アルミホイールやカーナビなどの社外パーツもプラスの評価されることが多いです。

 

下取りとは?

「車を売却したお店で、次車を購入すること」が前提です。「現在乗っている車の売却金額を、次車の購入資金にあてること」です。

 

下取りは次車が同じメーカーで決まっている方に合っています。

 

下取りの場合、現金で手元に入ることはなく、そのまま次車の購入資金の割引として使われます。

 

売却先はディーラーなど販売店となります。具体例を挙げるとすれば、トヨタや日産、マツダ、スバルなどです。

 

下取りは各ディーラーが用意した基本価格を元に算出します。ディーラー下取りですと、中古車市場の人気はあまり関係ありません。

 

また、正規オプションはプラス評価されますが、社外パーツは評価されにくいと言われています。