過走行車 買取

MENU

低年式車・過走行車の買取について

車の買い替え時は人それぞれですが、一般に走行距離が10万キロなら買い替え時という考えがあります。

 

10万キロも走ってしまえば、次に車を購入するときは下取りに出して引き取ってもらうようなイメージになります。

 

しかし、これは少々もったいないのです。10万キロどこから30万キロ走った車でも意外に高く売れたりします。

 

新車を購入するために無料で引き取ってもらって、廃車代を浮かすような意識のオーナー様が多いですが、少しでも評価してもらえるならその乗り潰した車を買取ってもらった方が断然お得です!

 

車買取専門店などはその後にオートオークションなどの出品したりして利益を出します。

 

しかしながら既に過走行車となった車、それも内装も外装もボロボロでは当然誰も買い手はつきません。ただし、それは日本国内での話しなのです。

 

実は外国では走ればそれで良いという価値観の国もあり、たとえ過走行車でも内装、外装がボロボロでも需要があるのです。

 

そういう場合は買取った車を輸出するという手段にがあります。輸出を目的とすれば、そのボロボロの車にも商品価値が出てくる可能性があるのです。諦めないで査定だけでもしてもらいましょう。

 

また、複数の買取店に査定してもらうために一括査定などを利用することをお奨めします。

 

一括査定とはインターネットから車の情報を入力しておくと、それを見た買取店が仮の査定をしてくれる便利な仕組みです。買取店を自力で探す手間も省けますし、複数の査定と見比べることも出来ます。

 

ボロボロだからといって諦めず、少しでも高く売却する努力をしてみませんか?