自動車保険の手続き

MENU

自動車保険の手続き

車の売却をした場合、これまでその車にかかっていた保険はどうなるでしょうか。

 

売却を考えたり車買い替えを考えたりした時に気になるポイントではありますが、難しそうなイメージもありますよね。しかし、大して難しいことはありません。

 

車には“自賠責保険”と“任意保険”の二つがあることはご存知だと思いますが、前者の自賠責保険は強制保険ですので全員が加入しています。

 

この自賠責保険ですが、こちらは廃車したときのみ満期までの期間を日割りにして返還されます。ところが車の売却時には残念ながら還元はありません。

 

一方、任意保険の方は解約をした時に還元があります。詳細は各保険会社により違いがありますので良く確認しておいた方が良いでしょう。

 

また、自動車保険には等級と言う制度があります。等級は加入時に6等級から始まり、保険を使用せずに車を所有していると1年ごとに等級が上がっていきます。

 

この等級により、割引や割増が発生しますが、車売却のタイミングでこれまで積み重ねた等級を失ってしまうのはちょっともったいないですね。

 

車の乗り換えをするのなら、そのまま保険は継続することは出来ますが、一定期間所有しないのであれば“中断証明書”というのを発行しましょう。

 

しばらくしてまた車を所有することになった時、以前までの等級が引き継げるというシステムです。この中断証明書は最大で10年間の設定が出来ます。

 

売却してから再び車を所有するつもりがあるのなら、是非中断証明を取っておくことをお奨めします。