MENU

車下取りで7割の人が損をしています。

新しい車への乗り換えを検討する時、今乗っている車がいくらで売れるのかはとても重要です。しかしながら多くの人が、車の本来の価値より低い価格で売却しているのが現状です。

 

そうなってしまう一番の原因は、新しい車を購入した販売店に、今まで乗っていた車を下取りに出してしまうからなのです。

 

一般的に「新しい車を購入すると、高い価格で下取りをしてくれる」と思いがちですが、実際には「安く下取りされている」のです。これは、新車の値引きが大きく関係しています。

 

新車ディーラーの場合、車種ごとに設定された値引きの上限額があり、この新車の値引きと下取り価格を巧みに使い分けて、お客さんが得をするように見せるのがディーラー下取りなのです。

 

ですから、新車の購入で迷っている時「下取り価格を10万円アップしますよ!」というのは、本来、新車価格から値引きされるべき10万円を下取り価格に上乗せしているだけなのです。

 

つまり、何も知らずに下取りに出してしまうと、車の売却だけではなく、新車の購入でも損をしていることになります。

車下取り前に買取査定が必要な3つの理由

車の売却で損をせず、賢く新車の乗り換えを可能にする方法があります。それがネットの車買取一括査定です。
ネットから必要な情報を入力することで、「ガリバー」、「カーチス」、「ラビット」などの買取専門店に一括で査定依頼が出来ます。

 

買取の特長は、リアルタイムの市場情報をもとに買取価格が決まるという点です。つまり、車のそのものの価値が評価されるのです。
また、ディーラー下取りや店舗での査定などと違い、複数の買取業者が競争入札する仕組みになっているので、買取最高価格がわかります。

 

下取り前に買取査定が必要な理由とは?

買取相場がわかる

査定を受けて買取相場がわかれば、下取り価格に新車値引きが含まれていることを見分けることが出来ます。

交渉力がアップ

中古車市場における自分の車の価値や、情報などを事前に買取業者から聞き出せるので、下取りの交渉力アップにもなります。

売りと買いでお得

事前に情報収集をするだけで、今の車を最高価格で売り、新しい車を一番安く購入することが出来ます。

 

車下取りと車買取どちらが高く売れるか?はケースにもよりますが、一般的には買取の方が高く売れる場合が多いと言われています。
また、下取り前に買取査定を受けて買取相場を知っておくだけで、ディーラーの値引き・下取り交渉が圧倒的に有利になります。

 

無料一括査定はネットから3分程度の入力だけでOKです。ご利用はもちろん無料で出張査定にも対応しています。

更新履歴